電気圧力鍋で作ったレシピを紹介③【パナソニック】【SR-MP300】

FOOD
まぁさん
まぁさん

こんにちは、一児の子育て中まぁさんです!
寒くなってきましたね。離乳食作りも始まり、食の教育についても考え始めていますが、なかなか手の込んだ料理は難しく、悩んでいます。
同じように子育て中の方で電気圧力鍋について知りたい方はレシピをどんどん掲載して感想を書いていますのでご覧ください。
私はかなりの面倒くさがりなので、手間をかけないけれど美味しくてエコ、節約になるという生活の知恵を少しでも参考にしていただければ幸いです。

電気圧力鍋で作ったレシピ③豚汁

冬に食べたくなる熱々レシピ、ということで豚汁を作ってみました。ガスで煮込む場合、大根や人参がなかなか柔らかくならないことがあります。また、サツマイモを入れると溶けてトロトロになってしまうこともあります。電気圧力鍋を使えば、このような悩みから解放されます!今回私が試した材料とその分量は、大根1/2本、人参1/2本、さつまいも1/2本、豚肉100g、だしパック1袋、味噌大さじ1.5です。野菜は冷蔵庫にあるもので良いと思いますし、だしも顆粒タイプのものでも良いです。

加圧は10分!

5分でも野菜は柔らかくなりますが、今回は大根の量が多めでしたので加圧の時間は10分にしてみました。朝、材料を切っておき、時間が空いた時にスイッチをオン!後は放っておくだけ。ピピーっと音が鳴ったら電源を切り、おもりのピンが下がったら中身を鍋に移して味噌を溶かします。さつまいもがとても柔らかいので、お玉を使って優しく移すと良いです。出汁のパックも破れないようにそっと箸で取り出します。豚肉も柔らかく、均一な仕上がりの豚汁でした!

まとめ

まぁさん
まぁさん

焦げてこびりつくということもないので、洗い物はするっと終わります。油の落ち具合も良いのでつけ置きも必要ありません。子どもの様子を見ながらでもイライラせずに片付けまでできたので、豚汁も具材を変えて色々と試したいと思えるレシピでした。
翌日の朝ごはんにも出せるくらいの量ができるので、朝の料理の手間も省けます。
夏は食中毒に注意したいので、冷蔵の保存がおススメです。
購入してから1日1回以上は使っていますが、現在のところ蓋の不具合などは見受けられません。さすが、パナソニックさんですね!
次のレシピは冬に欠かせないおでんにしてみます!
気になる方はぜひ他のレシピもご覧ください。

ゆずにゃん
ゆずにゃん

朝の手間が1つでも減ることで、ストレスはグッと減るにゃね。
笑顔で過ごす毎日は、より幸せにゃ~♪

パナソニック SRMP300-K 電気圧力なべ ブラック

価格:25,500円
(2020/12/9 17:30時点)
感想(5件)

タイトルとURLをコピーしました